ハンドメイドのアクセサリーを作る上での天然石と色石(裸石)に対する私の考え方について♪(番外編加筆)

ご訪問頂きましてありがとうございます

私の天然石ビーズや色石(裸石)についての
考え方を、まとめておいた方が良いのかな?

ふと思いましたのでここに書いておきます。

♥誕生石ハートプチネックレス♥
(現在販売中なのは、一番左のガーネットと一番右のブルートルマリンのみです)
  1. あくまで私個人の考え方です
  2. 転載・引用・抜粋全て禁止します
  3. ご意見・ご感想への返信はしません
  4. これを書いている10月25日現在の考え方です

天然石の定義について

定義なんて書くと、とっても堅苦しいですが
私にとっての天然石のビーズやルースは
  • 研磨されただけではなくて、見た目の美しさを引き出す※一般的なトリートメントを施されているものを含みます。
  • 天然石に、染色や着色、特殊加工(フラッシュやオーラなど)されたものも天然石に含みます。
※一般的なトリートメントについて

ウィキペディアにとてもわかりやすくまとめられています。興味のある方は、ぜひお読み下さいませ。こちらからどうぞ♪ ⇒宝石のトリートメント

ガーネット*ハートプチ誕生石ネックレス
(販売終了ありがとうございました)

ブルートルマリン*誕生石ハートプチネックレス
(販売終了ありがとうございました)

色々な角度から写した画像でお迎えします♪
ギャラリーへはここからお越し下さい。
↓↓↓
creema
http://www.creema.jp/c/calla/selling

その影すらも美しい『上品な中にエスニックカジュアルを忍ばせたオパールのブレスレット』
(販売終了ありがとうございました)

【番外編】子孫に残したい!宝石の買い方

  • 質の良い宝石を手に入れたい
  • ノーヒートを手に入れて、一生の財産にしたい
宝石と呼ばれる研磨された石たちは
子孫まで代々受け継ぐことのできる
財産になる点も魅力の一つですね。


鑑定書付の宝石を手に入れれば
いざとなったら、売ることもできます。

そんな財産を手に入れたいと思ったら
ソーティングメモか鑑定書付のもので

裸石(ルース)の状態のものを手に入れる
のがおすすめです。

リングやネックレスに仕上がっていると
石の状態が隅々までわからないのでね。

(使った石の鑑定書を見ながら選ばせてくれる
販売店もありますが、あまりないと思います)


財産というほどのこだわりがなくても
ジュエリーに仕立てて頂く愉しみも。

ゴテゴテと飾ったデザインではなくても
シンプルにも作って頂けるんですよ。

小さなメモに、このエメラルドの情報が詰まっています。

裸石で手に入れる時
”コメント”部分は特に重要です。

この裸石の場合は、
No indications of clarity modification
と書かれています。

こちらは、エメラルドなので

エメラルドに一般的に施されるオイル処理
これによる色の改良の処理は見られない

そんな感じの意味になると思います。
※ノーヒートとは違うと思います。

ルース(裸石)で手に入れたエメラルドは

エメラルドを囲むように18金で包んで頂き
他の部分はプラチナにして

ティファニータイプのペンダントに
仕立てて頂きました。

私なりのこだわりをもって作って頂いた
お気に入りの一本です。

飾り部分よりも石の価格が一番高いのも
石好きにはたまらなく嬉しかったりします。


仕立てて頂く時期の金やプラチナの
相場を調べて、お得な時期に作って頂く

そういうのもまた楽しいです

飽きたら作り変えるのもまた楽しい


参考に・・・なるかならないか(´∀`;)
わかりませんが

私なりの財産としての
宝石(裸石)の買い方をご紹介しました♪

あっ。財産として購入するなら
国内の有名どころの鑑定書のついた
裸石を買いましょうね。


最後までお読み頂き
ありがとうございました。

明日も素敵な一日をお迎え下さい♥